シミ取りクリームの美白効果が出るまでにどれぐらいかかる?

シミ取りクリームとして皮膚科などで採用されているのが、ハイドロキノンです。
ハイドロキノンには、シミの原因であるメラニン色素の生成を抑制するだけではなく、メラニン色素をつくる細胞であるメラノサイトそのものを減少させる効果があります。
この効果からハイドロキノンは肌の漂白剤とまでいわれており、シミを改善予防するためにさまざまな美白化粧品に配合されています。
一般的にシミ取りクリームとして利用した場合、効果が出るまで約2ヶ月ほどが目安とされています。
人によってシミの深さなどは異なりますが、早い人では使い始めてから約2週間で効果を実感する人もいます。
市販のハイドロキノン配合のクリームではなく、皮膚科で処方されたクリームである場合はおよそ2?3ヶ月のスパンで治療が考えられているようです。
ハイドロキノンは美白に有効な成分ですが、その分肌への刺激が非常に強い薬でもあります。
そのため皮膚科で治療する場合には3ヶ月使ったらいったん肌を休ませて様子を見るという治療を行なっているとされています。
そのことから考えると市販のクリームでも、2ヶ月使用したら様子を見ることをおすすめします。
また、使い方が悪いと逆にシミを増やしてしまう可能性があります。
紫外線を浴びるとシミを濃くしてしまう性質があるため夜に利用する事が大切で、また、非常に酸化しやすいため開封後は使用期限を必ず守って使用します。
シミが薄くなってきたら使用を中止することなど注意点を守って使用することが大切です。