シミとそばかすは見た目が同じようもので、名称だけが違うのかというとそうでもなく、明確な違いによって分けられています。
シミはニキビ跡や紫外線の刺激によって色素が定着したもので、後天的に発生するものを指します。
ホルモンバランスの乱れによって発生する肝斑もこれにあたり、基本的には老化現象と考えられています。
対するそばかすは遺伝性のものが多く、通常のシミより小さな斑点ができ、顔以外にもできますが主に鼻や頬の周囲にできるのが特徴です。
紫外線を受けると濃くなる傾向にありますが、年齢を重ねるごとに薄くなっていくことがあります。
後天性や遺伝性などで分けられるのですが、その原因となるのはどちらもメラノサイトから生成されるメラニン色素であり、肌に黒化する色素が定着することで目立つようになります。
そのため、基本的にシミやそばかすの対策は同じもので、シミ取りクリームなどのスキンケア商品を使用してセルフケアを行います。
シミ取りクリームにもメラニン色素の生成を抑えるものや、色素そのものを薄める作用のある成分などがあります。
シミの発生を予防するためには色素の生成を抑えるだけで良いのですが、そばかすはすでに定着している色素であることから、色素そのものを除去する効果のあるものを選ぶ必要があります。
そばかすは肌に根強く残っているため、シミ取りクリームを使用してもすぐに除去することはできませんが、徐々に薄くなっていくので焦らずに時間をかけてケアしていくのが大切です。