シミ取りクリームは黒くなったメラニン色素を白に戻すため、肌に負担がかかってしまいます。
皮膚への刺激となってしまい、敏感肌の方で、お肌が痛んでいるときにはヒリヒリ痛んだり、赤みが出てしまったりすることがあります。
敏感肌には先天性のものと、後天性のものがあります。
先天性の場合は、生まれつき皮膚の厚さが薄い、乾燥しやすいという特徴があります。
そのため、髪の毛が触れたり、アルコールが入った化粧水を使用したりすると、肌が赤くなり、かぶれてしまいます。
後天性の場合は、日焼け止めの過度の使用、クレンジングで肌をこすりすぎるなどの理由で各層のバリア機能が弱くなり、肌が敏感になってしまいます。
どちらにしても、肌をいたわりながらシミ取りクリームを使用しなければいけません。
バリア機能の角質細胞間脂質の40%はセラミドでできているので、セラミド配合のクリームであればお肌を回復させながらシミを取ることができます。
最近では敏感肌用シミ取りクリームができていて、特にサエルホワイトニングクリームはセラミド配合のクリームとして刺激を抑えながらシミを取るという効果に定評があります。
こちらは、刺激の強いハイドロキノンやトラネキサム酸を使用せず、低刺激のムラサキシキブエキスとコウキエキスを使用し、過剰なメラニンの生成を抑制するような肌環境に整えてくれます。
さらにセラミド2で保湿してくれるので、敏感肌のバリア機能も回復させてくれます。